知花敏彦氏より学んだ宇宙科学、宇宙エネルギー実用化商品

商品情報 風大和研究所の商品をご紹介

やさしい健康おん泉の素

やさしい健康おん泉の素

ミネラルとはミネラルということばは「元素」そのものという使い方をしていますが、川田先生のいうミネラルとは、岩石を構成している鉱物のことです。

ミネラルは、体内で触媒として働き、生命活動に必要な有機物を合成したり、酵素の働きを活性化したり、生命維持に働きます。
「酵素」の働きを活性化させ、水を構造化させる。

ミネラルは心身に秩序をもたらし、全体をバランスよく整えてくれます。
まさに、現代人のさまざまな不調和や乱れをリセットしてくれるでしょう。



よい温泉の見分け方 川田先生と風天、二人で天橋立で温泉につかっていました。

先生が天井を見ながら
「この温泉はミネラルがいっぱい入っているよい温泉ですねぇ」
風天「天井を見てどうしてわかるんですか?」
先生「ミネラルが多く入っていると水滴がかたまらないのですよ」

会社で早速実験したら本当にそうでした。
(写真左:水道水に「健康おん泉の素」をいれたもの
 写真右:水道水のみ)



お客様の声

  • お湯が柔らかく汚れにくくなるお湯が柔らかく汚れにくくなる 市販の温泉の素や入浴剤は、色やにおいのあるものが多いのですが、健康おん泉の素は、無色無臭なのが気に入っています。残り湯を洗濯用に使いやすいです。お風呂に入れるとお湯が柔らかくなって、刺激がないのもうれしいです。(Aさん)

    お湯が柔らかくて、排水溝がきれいなので、残り水で洗剤半分で洗たくしてます。(Hさん)

    お風呂独特のにおいがなくなりました。湯船に汚れもつきにくいようです。(Kさん)

  • 肌にいい感じ水がやわらかくて肌にいい感じ。
    乾燥肌に効いている。(Mさん)

    乾燥肌がひどく、冬は特に足がかさつきます。おん泉の素に入ってから、お風呂上がりにかゆみを感じられなくなりました。(Hさん)

    乾燥がひどい娘は、お風呂上りにムースをたっぷり塗らないと、血が出てしまう程、かいてしまい、乾燥時期は肌ケアがかかせません。おん泉の素を入れてから、肌の乾燥が軽くなってきているのを実感しています。ムースの量の減りも少なく、塗らなくていい日も度々あります。娘は、無意識に背中を掻いてしまうしぐさもなくなりました。(Sさん)


よく温まる 今年の冬は寒かったのですが、健康おん泉の素で冷えにくかったように思います。いつも、夜中に何度かトイレに起きるのですが、それがなくて朝まで熟睡できます。お風呂でのリラックスと、十分な睡眠で疲れにくくなりました。(Kさん)

主人が以前から夜寝てから必ず1〜2回は起きていたのですが、去年から入れて毎日お風呂に入れてから、夜1回も起きる事はなく、今はぐっすり眠れて体の疲れが違うと言っていました。朝起きるのが辛かったようですが、以前より寝起きがよくなったみたいです。
私は冷え症で夜早めにお風呂に入ると足先が冷たくて、もう一度寝る前に湯船につかって温まらないと眠れませんでした。おん泉の素を入れて毎日入ってから少しずつ足の冷えが少なくなり、早い時間(19時ころ)にお風呂に入り、24時に寝ても足の冷えが前に比べて冷たさが違っています。寝る前に入ると体がポカポカしすぎてすぐに眠れず少し汗がひいてから寝たりしていました。
おん泉の素があるおかげで家で手軽に自宅で毎日温泉が入れて本当に助かります。
もう手放せないです。ありがとうございます。(Kさん)

めっきり汗をかかなくなっていたのですが、この温泉の素を使うようになって、汗がでるようになりました。代謝があがっているようで、少し散歩しても汗ばみます。からだもしまってきました。(Hさん)




●成分:水、ミネラル ※飲用ではありません
●内容量:1ケース(2L×6本)→120回分    
●使い方:コップ半分の量(約100ml)を浴槽にゆっくり入れ、かき混ぜてください。
●保存方法:直射日光を避け、常温で保管してください。


やさしいおん泉イメージ


健康おん泉の素 1ケース
やさしい健康おん泉の素 1ケース(2L×6本) 3,900円(税込)
 

ご注文はこちらから


当研究所の商品はすべて、知花敏彦先生の教えに基づいて開発しました。

知花先生は沖縄・清里・東京などで15年間、毎朝、毎晩、何万回も真理のお話をして下さいました。

知花先生

1941年、旧満州に生まれ、終戦後沖縄へ。幼少から霊能力に優れ、中学を卒業後南米に移住。約30年間農耕生活をしながら自己探求をする。帰国後ヒマラヤ、エジプトで修業し、宇宙意識に到達。宇宙の法則やフリーエネルギーなどに精通し、あらゆる分野での指導を行う。おもな著書に「宇宙法則の八正道」「知花敏彦講話シリーズ 愛・神・霊」「日出づる国幸い近し」「愛は天と地の掛け橋」「心を育てる瞑想」「神我顕現への道」などがある。